【和歌山県】高野龍神スカイライン

和歌山県の山岳地帯、その素晴らしい景色を眺めながらドライブやツーリングをするのはとても素晴らしい。
そんな高野龍神スカイラインへ、紅葉とドライブデートを楽しむために行って参りました。

スポンサーリンク

アクセス

「高野龍神スカイライン」情報

高野龍神スカイラインは以前有料道路でしたが、2003年10月1日に無料開放されたため現在は無料で利用する事ができます。

国道371号の一部で全長約43kmもあり、伊都郡高野町奥の院交差点から始まり、途中道の駅田辺市龍神ごまさんスカイタワーを超え、田辺市龍神村にある道の駅龍神まで続いています。

【冬期について】12月中旬~3月末までの期間は冬季通行規制が行われます。通行にはタイヤチェーン着用が必要で、17:00~7:00までの夜間は通行止めになります(2輪車は全日通行止め)。

因みに区間内にはガソリンスタンドはありませんでした。

マップコード
起点:伊都郡高野町奥の院交差点「205 462 449」
終点:道の駅龍神(ウッディプラザ木族館)「527 173 392」

高野龍神スカイラインの紅葉

【和歌山県】高野龍神スカイライン【和歌山県】高野龍神スカイライン
高野龍神スカイラインの紅葉の見頃は、10月下旬~11月上旬となっています。

私たちが出かけた日は11月3日、赤々と紅葉する木々を期待して訪れましたが、所々赤や黄色に染まっていましたが、思ったほどの紅葉は見られませんでした…残念。

それでも高原をドライブ+紅葉を楽しめるというのは、高野龍神スカイラインの良さだと改めて感じました。

ごまさんスカイタワー
こちらの写真は、途中の道の駅にある展望塔から撮影しました。
高いところから見ると、下で見るよりも紅葉しているのが見て取れました。

この日、道路はまったく混んでおらずスムーズに移動できましたが、道の駅の駐車場は行列ができるほど混んでいました。

道の駅を利用したい場合は早めに出掛けた方がいいですね(特に昼食時は非常に混んでいました)。

周辺おでかけスポット

高野龍神スカイライン周辺には魅力的なスポットがたくさんあります。

実際にゆきみちが訪れた場所をご紹介します。

道の駅田辺市龍神ごまさんスカイタワー

ごまさんスカイタワー
高野龍神スカイラインの丁度中間辺りにある道の駅田辺市龍神ごまさんスカイタワーはドライブの休憩に最適です。

ただし先に述べた通り、駐車場は車もバイクもほぼ満車状態で人気の高さが窺えますね。

道の駅田辺龍神ごまさんスカイタワーで駐車場にお困りの方は、こちらの記事に臨時に使える駐車スペースの詳細も書いているので参考にしてください。

道の駅龍神(ウッディプラザ木族館)

道の駅龍神
ごまさんスカイタワーから更に龍神村方面へ進んで行くと、終点の道の駅龍神(ウッディプラザ木族館)が見えてきます。
道の駅龍神は木造の建物なので、暖かい雰囲気がとても居心地良く感じます。

道の駅のすぐ裏には日高川が流れ、吊り橋から望む景色は風情があり癒されます。

龍神温泉

道の駅龍神から更に南下すれば、程なく日本三美人の湯「龍神温泉」へと辿り着きます。

宿泊はもちろん、日帰り温泉もあるので日頃の疲れを温泉で癒すのもオツなものです。

私たちが利用した日帰り温泉施設「龍神温泉 元湯」の詳細記事はこちらから

まとめ

高野龍神スカイラインは美しい山岳地帯を通り、紅葉の季節(10月上旬から11月下旬)にはドライブやツーリングをしながら紅葉が楽しめるステキな場所でした!

ドライブに疲れたら、道の駅で休憩して美味しいグルメを堪能したり、温泉に浸かって疲れを癒し、再び高野龍神スカイラインの紅葉を楽しみながら帰路に就く。

そんな楽しみ方ができる高野龍神スカイラインは、紅葉を手軽に楽しめるオススメのドライブスポットです。

関西その他の紅葉スポット

現在公開中の関西圏の紅葉スポットは下記リンクから

全国のおでかけスポットMAP

マップのアイコンからも記事ページを閲覧できます。
人マークは、おでかけスポット。 道の駅マークは道の駅レビュー。 温泉マークは温泉施設。

和歌山県の他のおでかけスポット一覧

和歌山県の道の駅一覧

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事