元そば屋が教える簡単だけど本格派!お家で年越しそばの作り方

スーパーで買える市販の麺でも、ちょっとした手間を加えれば、お店に負けないくらいの美味しい年越しそばが作れます。

とはいえ、難しくて再現できなければ意味がないですよね。

この記事では、誰でも再現できるように考慮した内容になっていますので、ぜひ美味しい年越しそばをご家庭で楽しんでみてください。

ゆき
元そば屋の実家で働いていた私が、お店のような美味しい年越しそばをお家で作るための方法を伝授します♪
スポンサーリンク

お店の年越しそばを家庭で簡単に再現しよう

美味しい年越しそばを作るためには、3つの大切なポイントがあります。

  1. 事前にかえしを仕込む
  2. お出汁とかえしを合わせてそばつゆを作る
  3. そばの茹で方は時間が大切

以上のポイントに気をつけるだけで、おそばの美味しさはかなり変わります。

事前に”かえし”を仕込んでおこう

かえしとは、そばつゆを作るのに欠かせない調味料で、お出汁と合わせることによってそばつゆを作ることができます。

かえしがあるだけでそばつゆの美味しさは格段に変わります。

作り方はとっても簡単で、材料は醤油・みりん・砂糖の3つだけ。

かえしは、おそば以外の様々な料理(卵かけご飯や天つゆなど)にも使うことができるので、余らせて困る心配もありません。保存も効くので、事前に作っておきましょう。

かえしの詳しい作り方は、下記の記事にくわしくまとめてありますので、そちらを参考にしてください。

お出汁とかえしを合わせてそばつゆを作る

温かいそばつゆを作るために、かえしと合わせるお出汁も自作してみましょう。

お出汁の取り方は、便利なだしパックや顆粒だしを使った簡単な方法でOKです。

1ランク上の味を目指したい方は、白だしを自作することをおすすめします。

白だしの材料は、だし汁・砂糖・薄口醬油・かえしの4つで、どこのスーパーでも買える一般的なものだけで作れます。

白だしの作り方や、お出汁とかえしの合わせ方は下記の記事にまとめています。

ゆき
紹介している白だしレシピは、家庭でも簡単に再現できるようにした簡易バージョンです!

 

そばの茹で方は時間が大切

あなたは麺を茹でる時にきちんと時間を計る派ですか?

そばは他の麺料理以上に茹で時間に気を配る必要があります。きちんと時間を計って、最高の食感と喉越しを楽しみましょう。

そばを茹でる時、さらに美味しくなるいくつかのポイントを記事にまとめていますので、挑戦してみてください。

絶品きつね用お揚げの作り方

「美味しいきつねそばを作りたい」という場合は、市販品を買ってくるのではなく、お揚げも自分で作って1ランク上の味を目指してみませんか?

油抜きはした方が良いの?といった疑問や、味付けのコツを丁寧に解説していますので、参考になさってください。

まとめ

美味しい年越しそばは一般的なスーパーで買えるものでも、コツさえ掴めば誰でも作ることができます。

特に”かえし”があるのと無いのとでは味の深みがまったく変わってきます。作り方はとっても簡単なので、事前に仕込んでおいてください。

一年の締めくくりに、手作りの年越しそばでほっこりしてください。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事