初心者の社外カーナビ自力取り付け方法【わかりやすく紹介】

こんにちは、ゆきみちです。この度かなり頑張ってダイハツのミライース(H30)を購入してしまいました。(汗)

オプションとしてカーナビを付けちゃうと結構高くつくので、空っぽになっているダッシュボードの中に自力でカーナビを取り付けてみよう!と一大決心しましたのでその顛末をご紹介したいと思います。

ナビには細かく分ければ沢山の種類がありますが、代表的なものはダッシュボード上に設置して使うポータブルタイプと、今回取り付けにチャレンジしたダッシュボード内蔵タイプがありますね。

結論から言いますと、内蔵タイプのナビは…

 

「ど素人でも頑張れば自力で取り付けられる!」

 

という事です(結構ドキドキしましたが…)。

もしも、今後カーナビを自力で取り付けてみたいけどどうしたらいいのかわからないしなぁ…とか、まさに今取り付けようとしてるけど何を揃えたらいいのかな…等、同じように素人で困っている方へ、少しでも手助けになればとこの記事にまとめてみました。

私たちもカーナビをどうやったら取り付けられるんだろうと色々調べました。
でも知識がある人がみれば「なるほど」となるであろう記事は散見するものの、車に関しての知識がほぼ無い素人の私たちが見ても「え~と…どういう意味?」って感じでますます不安が増長される始末…。

それでもめげずに色々調べて、素人向けの記事を発見して大まかにはやるべき事や準備すべき物が把握できたんですが、細かい部分でやっぱり一つの記事を読んだだけでは分からない事はあったので、その辺りも詳しくまとめてみましたのでご参考に。

※こちらで紹介している取り付け方法で、走行中でもナビが操作可能になります。
ただし、走行中は運転者の方がナビを操作・注視する事は違反行為であり、あくまで「助手席の方が操作できるようにするため」ですので、運転者は絶対に運転中のナビ操作はしないでください。

※取り付けに関しては自己責任でおねがいします。

スポンサーリンク

まず準備すべきもの

  1. カーナビ(内蔵タイプ)
  2. ナビゲーション取付キット(取り付けたい車種に合ったものを用意)
  3. スパナ(基本10mm、車種によっては12mm)※国産車の場合です。
  4. ペンチ(あると楽です)
  5. 内張りはがし
  6. プラスドライバー(先端が磁気加工されているもの)
  7. ハサミ
  8. 結束バンド
  9. 絶縁テープ
  10. 養生テープ(無かったのでメンディングテープで代用しました)
  11. 軍手

兎にも角にもまずはカーナビですが、自力で取り付けをするならばカー用品店などで買って取り付けてもらう必要が必然的に無いので、値段が安いネットで購入をしました。

私たちが購入したのはKENWOOD彩速MDV-S706というナビで、彩速ナビの【M、S、L】と現在3つあるシリーズの中で、上中下で言うと中にあたるSシリーズの画面が7インチのタイプを選びました。中間クラスとは言え、以前の上位モデルから引き継いだ機能が備わっていてかなりオススメです!

初心者の社外カーナビ自力取り付け方法【わかりやすく紹介】

KENWOOD彩速MDV-S706のセット内容ですが、
  1. ナビ本体とネジ類
  2. カラフルなコードが沢山付いているのが電源ハーネス
  3. 黒いコードに大き目のボックスが付いた、GPSアンテナ
  4. 4本ある黒いコードを束ねているのがアンテナケーブル
  5. 赤い3つの部品が中継コネクター
  6. Bluetoothハンズフリー通話用マイク
  7. 地デジ用のアンテナエレメント
  8. アンテナケーブルを固定するためのソフトテープ
  9. クリーナー

車種によって取り付けられるナビの標準サイズは異なるそうですが、基本的には7インチタイプか7インチのワイドタイプが標準サイズだと思います。

取り付けたい車の標準サイズ以上の8インチなど大型のナビも取り付ける方法はあるみたいですが、今回は取り付ける車の標準サイズのナビを取り付ける方法でご紹介していきます。

 

初心者の社外カーナビ自力取り付け方法【わかりやすく紹介】
車を買った時に付けてくれる純正ナビ(車メーカーが作っているナビ)と、市販されている社外ナビ(今回買った彩速など)があります。

社外ナビは直接配線を取り付ける事ができない為、ナビの配線と車の配線を繋ぐためにこのナビゲーション取付キットに付属されているオーディオハーネスという配線を間に繋いで接続できるようにします。

ナビゲーション取付キットは取り付けたいメーカー、車種、年式で変わってきます。
メーカーHPなどで適合する商品を調べる事ができますので、間違えないように正しい取付キットを購入してください。

※私たちが購入したエーモン製の取付キットの適合表はエーモン公式HP車種別オーディオ取り付け適合情報の【メーカー】を選択してご覧ください。

クルマの配線工具セット

スパナはショート防止のためにバッテリーのナットを緩めるために使用し、内張りはがしはナビの周りのカバー部分をめくるのに使用します。
ペンチは配線を加工する時に使用しましたが、指の力で何とかすれば無くてもいいかもしれません(笑)。

この3点は個別に揃えるのもいいですが、私たち夫婦のようにどれを買ったらいいかよくわからない人にはセットになった商品を買うのもオススメですよ。
私たちが実際に購入したのは、こちらもエーモン製のよく使うクルマの配線工具セットです。

このセットには10mmと8ミリに対応したスパナ、内張りはがし、そしてコネクター圧着専用プライヤーというペンチなどが付属されていますので必要なものが1セット1500円程で揃います。
個別に揃えられる方なら個別に揃えた方が安くつくかもしれませんね。

 

初心者の社外カーナビ自力取り付け方法【わかりやすく紹介】
プラスドライバーは100円ショップでも手に入りますが、磁力が弱く万が一ネジをダッシュボード内にでも落としてしまうと大変ですのでホームセンターで売っている、磁力がしっかりとしたドライバーを購入することをオススメします。
300円以下の物も売っていましたよ!

ハサミはご家庭にあるもので十分です!

 

結束バンド
結束バンドは100円ショップやホームセンターに売ってますね。
私たちが購入したものはホームセンターで100本入りが税抜き78円だったので、安いものがあればそれを購入すればいいですね。

店で一番小さい結束径1.5~22mmのサイズを購入して使用しましたが、もう少し大きめのサイズの方が良かった気がします。

 

絶縁テープ
絶縁テープもホームセンターにて、税抜き38円とかなりお安く購入することができました♪
因みに私たちが訪れたのはコーナンPROという店舗です。

養生テープはダッシュボードのカバー部分を剥がす際に、傷が付かないように保護するために使用します。
傷防止のためなので、私たちは家にあったメンディングテープで代用しました。
メンディングテープなら剥がしてもべたつかず、100円ショップでも購入できるので安くて済みます。

最後は軍手
バッテリーをいじるので最初はゴム手袋を用意しようかと思っていたのですが、結局は自宅にあった軍手で代用することに。
結果的にはこれで十分でした。

取り付け作業本番

初心者の社外カーナビ自力取り付け方法【わかりやすく紹介】

いよいよ内蔵型ナビを取り付けていくわけですが、我が家の車の場合はオプションで純正ナビが8万円で付けられるという話だったわけです。

8万円、結構するなぁ…。

だったらカーショップかネットで買うか?というわけで純正ナビの導入を断って、ご覧のようにダッシュボードに大きな穴が開いた状態で納車されて参りました。

何も無い状態なので、私たちの場合はすぐに取り付け作業に移れたわけですが、ほとんどの方はまず現在車に付いているナビを撤去しないといけないので、時間に余裕をもって作業に取り掛かりましょう。

私たち夫婦の場合はナビの撤去作業無しですが、撮影しながらの手探り状態での作業でしたので、トータル4時間を要しました。
二人での作業はナビを持っていてもらったり、配線を抑えてもらったりと、とてもはかどりましたので可能ならば二人作業はオススメです。

そして作業をするときは、長時間車を止めておけて、スペースを確保できる場所(ドアを全開に開放できるくらい)でおこないましょう。

はじめにバッテリーを外しておく

ブログやYoutubeなどで調べていたら、バッテリーを外す事のメリットやデメリットがある事を知りました。
メリットは、車のショートを防げるという事です。
仮にナビ取り付け中にショートさせてしまえばナビは壊れてしまうでしょう。
感電の危険もあるわけですから、特に素人にとっては危ないですよね。

デメリットに関しては、車側の設定が初期化されてしまうかもしれないという事。
例えば、パワーウインドウやラジオの設定などですね。
ですが再設定は可能ですので、多少の手間が増えても万一の事故を回避する方が大事だと考えて、バッテリーは外しておく事をオススメします。

 

初心者の社外カーナビ自力取り付け方法【わかりやすく紹介】
バッテリーは赤いキャップが付いているプラス端子と、むき出しのマイナス端子(上写真、丸印部分)がありますが、今回外すのはマイナス端子のみです。

用意してあるスパナでボルトを緩めて外してしまいます(ミライースのボルトは10mmサイズでした)。

 

初心者の社外カーナビ自力取り付け方法【わかりやすく紹介】
外したマイナス端子は、プラス端子に誤って触れてしまうとショートしてしまうので、はめていた軍手でくるんでおけば安全であり、別途タオルなどを用意しなくてもいいのでオススメですよ!

現在使用しているナビを取り外す

初心者の社外カーナビ自力取り付け方法【わかりやすく紹介】
私たちの場合、ナビは付けてなかったのでここは省略できたわけですが、一度取り付けたナビを実際に外してみたので、その時の方法を公開します。

まずは、取り外し時に傷が付かないよう養生テープで保護しておきます(代用でメンディングテープを使用しましたが、これでまったく問題なかったです)。

テープは内張りはがしを差し込む場所に張り付けます(ミライースの場合は、ナビの下側だけで大丈夫でしょう)。

 

初心者の社外カーナビ自力取り付け方法【わかりやすく紹介】
このように隙間へ内張りはがしを差し込んで力任せにはせず、徐々に指で剥がしていきましょう。
事前情報では物凄く硬くて外しずらいとあったのですが、我が家のミライースに関してはそんなに力を入れなくても簡単に外す事ができました。
これに関しては車種によって違いがあるのかもしれませんね。

 

初心者の社外カーナビ自力取り付け方法【わかりやすく紹介】
コツはパーツのツメ部分を探って、内張りはがしをそこに差し込んで引っ張る感じです。

カバーが外れたらネジ止めされているナビをドライバーで外しましょう(ネジをダッシュボード内に落とさないよう注意しましょう)。

 

初心者の社外カーナビ自力取り付け方法【わかりやすく紹介】
取り出したナビからすべてのケーブル類を外したら、いよいよ新しいナビを取り付けていきます。

地デジ用のアンテナを取り付けよう

初心者の社外カーナビ自力取り付け方法【わかりやすく紹介】
バッテリーのマイナス端子を外し、古いナビを取り外したら、いよいよナビの取り付け作業に入っていきます。

まず最初は、ナビに付属されているアンテナエレメントという地デジを見るためのアンテナを、フロントガラスに張り付けていきます。

アンテナエレメントは、A2枚とB2枚の合計4枚が付属されていますので、説明書の通りに張り付けます。

※道路運送車両の保安基準第29条に適合するように張り付けなければいけません。

張り付ける前に位置を確認して、付属のクリーナーでガラス面をキレイにしましょう。
ホコリや汚れがあるとアンテナが剥がれてきてしまいます。
自信が無い方は、先に養生テープなどで張る位置が分かるように、マーキングしておくといいですね。

 

初心者の社外カーナビ自力取り付け方法【わかりやすく紹介】
基本的には説明通りの位置で張り付ければ問題ありません。
私たちの場合、ちょっとガラスの淵から離れた場所に張りすぎたかな…と後で気付きました(汗)。

 

初心者の社外カーナビ自力取り付け方法【わかりやすく紹介】
このようにアンテナフィルムを4枚張り付け終わった後に、有線であるアンテナケーブルというパーツをくっつけるので、淵からアンテナが離れていると伸びているコードが目立ってしまいます。

だからアンテナフィルムをフロントガラスの淵ギリギリに沿わせた方が、コードが目立たなくて良かったというわけですね。

私たちの失敗例を教訓にして、アンテナフィルムを張る場合は張る向きに気を付けて、もっとフロントガラスの淵付近に張り付けましょう!

 

初心者の社外カーナビ自力取り付け方法【わかりやすく紹介】
次は先ほど触れましたが、アンテナケーブルというパーツをそれぞれのアンテナフィルム4つに張り付けます。

アンテナケーブルの先に付いている、黒いボックス部分に小さな突起が二つ付いていますので、その部分をアンテナフィルム側に書いてある▲マークに合わせます。
ケーブルがフロントガラスの外側にくるはずなので、4つすべて張り付けましょう。

GPSアンテナBluetoothハンズフリー通話用マイクも一緒に取り付けてしまいます。

 

GPSアンテナ
GPSアンテナの取り付けは、電波を受信しやすい場所に張り付ける必要があります。
基本的には邪魔にならないダッシュボード左奥でいいと思います。

 

初心者の社外カーナビ自力取り付け方法【わかりやすく紹介】
Bluetoothハンズフリー通話用マイクは声を拾いやすいよう、ステアリング(ハンドル)の後方に取り付けました。
マイクから伸びているケーブルは、後程ナビ本体の背面に差し込む事になります。

 

初心者の社外カーナビ自力取り付け方法【わかりやすく紹介】
邪魔にならないようにステアリングの後方から下へ這わせていき、ブレーキペダル等に絡まらないよう注意して、そこからダッシュボードの裏側を通して、ナビをはめ込む穴まで通しておきます。

ちょっと大変ですが、穴から手を突っ込んで引っ張り出せば通す事ができます。

アンテナとGPSのケーブルを隠す

初心者の社外カーナビ自力取り付け方法【わかりやすく紹介】
先ほど取り付けたマイクのケーブルはダッシュボード内に隠しましたが、アンテナとGPSのケーブルはまだ剥き出しのままなので、こちらも見えないように隠していきたいと思います。

フロントガラスの横にフロントピラーカバーがあるので、これを外してケーブルを隠します。

 

初心者の社外カーナビ自力取り付け方法【わかりやすく紹介】
外し方ですが、ドアを開けた車体側の部分にゴムが付いているはずです。
これを手でビローンとフロントピラーカバーが被っている部分だけでいいので外します。

 

初心者の社外カーナビ自力取り付け方法【わかりやすく紹介】
あとはフロントピラーカバーを手で外していきますが、硬くて外れない場合は内張りはがしを使ってください。

※車種によって外し方は違います。

 

初心者の社外カーナビ自力取り付け方法【わかりやすく紹介】
裏側はこんな感じ。
白いクリップで留まっているだけですので引っ張れば簡単に外れました。
運転席側も同様にして外してください。

 

初心者の社外カーナビ自力取り付け方法【わかりやすく紹介】
ただし、これだけでは助手席側のケーブルはダッシュボードの内側にケーブルを這わせる事ができないので、助手席にあるグローブボックス(小物入れ)の更に下に付いているカバーを外します。

こちらのカバーも手で簡単に外れました(ミライースはカバー類の取り外しがとても簡単でいいですね♪)。

 

初心者の社外カーナビ自力取り付け方法【わかりやすく紹介】
フロントピラーカバーの中にケーブル類が入っているので、2本のアンテナケーブルを上部から這わせて、付属のソフトテープか結束バンドで束ねておきます。
結束バンドの場合は余計な部分をハサミで切っておきましょう。

 

初心者の社外カーナビ自力取り付け方法【わかりやすく紹介】
問題は上面に取り付けたアンテナケーブルが垂れてきて見栄えが悪いこと。
ケーブルに結束バンドを巻き付け、フロントガラスと天井の隙間にケーブルを突っ込むと、結束バンドがつっかえになって落ちてこないのでうまく隠れます。

結束バンドを2本使い、間隔を開けて巻くとちょうど良かったです。
ナビに付属のソフトテープでも代用できます。

 

初心者の社外カーナビ自力取り付け方法【わかりやすく紹介】
まず助手席側ですが、結束バンドで束ねて余ったアンテナケーブル2本とGPSケーブルもダッシュボード横にある隙間から、先ほど開いたグローブボックス下部のカバーの所までケーブルを通します。

 

初心者の社外カーナビ自力取り付け方法【わかりやすく紹介】
ここにケーブルを通すのは結構苦労しました。
太めの針金にでもケーブルを固定して通せばもっと楽にできるかもしれませんね。

通したケーブルはそのまま右下からナビを取り付ける穴まで、ダッシュボード裏から通していきます。
こうすればケーブルは内部に隠れてスッキリとさせる事ができるわけです。

運転席側は下部にカバーが無いので、簡単に通すことができます。
ただし、ペダルや足にケーブルが引っかからないよう、うまく這わせてください。

終わったらフロントピラーカバーとグローブボックス下部のカバーは元に戻しておきましょう。

電源ハーネスの接続

初心者の社外カーナビ自力取り付け方法【わかりやすく紹介】
ここまできたらナビ本体の取り付け作業を行っていきます。

最初はナビに付属されている電源ハーネスというケーブルの束と、ナビゲーション取付キットに付属されているオーディオハーネス(10P)と(6P)、車速配線カプラー(5P)を接続します


たくさんのケーブルがあってとても複雑ではありますが、ちゃんと色分けがされているので、よく見れば間違わずに接続できるはずです。

 

初心者の社外カーナビ自力取り付け方法【わかりやすく紹介】
そして素人にとって一番の難関であろう、車速(ピンク)とパーキング(緑)とリバース(紫に白線)の3本のコードの接続です。

この3本のコードは接続部品が付いてないコードが剥き出しの状態なので、自分で加工しなければならないわけです。

 

初心者の社外カーナビ自力取り付け方法【わかりやすく紹介】
1.まず赤色の中継コネクターを用意します(3つあるはずなので車速、パーキング、リバースそれぞれに一個ずつ使用します)。

 

初心者の社外カーナビ自力取り付け方法【わかりやすく紹介】

初心者の社外カーナビ自力取り付け方法【わかりやすく紹介】
2.車速コードとリバース(バック)コードを取り付ける場合は、ナビゲーション取付キットに付属されている車速配線カプラーのピンク色のSPEED(車速)と紫色に白線のT-BACK(リバース)と書かれているコードをそれぞれの中継コネクターの溝に挟み込みます。

3.カーナビ側の電源ハーネスから伸びている剥き出しの車速検出コード(ピンク)は先ほどカプラーの車速コードを繋いだ中継コネクターの片側にだけ空いている穴に奥まで差し込み固定します(硬い場合はペンチを使って圧着しましょう)。
リバースも同様にリバースコードを繋いだ方の中継コネクターに繋ぎましょう。

初心者の社外カーナビ自力取り付け方法【わかりやすく紹介】
4.残るはパーキングコードのみですが、走行中にナビ操作できるようにするには他の2本とは別の繋ぎ方をしないといけません。
カーナビ側の電源ハーネスから伸びている黒いコード(アース線)を中継コネクターに挟み込みます。
そして、同じく電源ハーネスから伸びているPARKINGコードを中継コネクターの片穴に差し込み圧着させます。

取り敢えずはこれで準備完了ですので、ナビ本体にパーツを取り付けていきましょう。

ナビ本体を取り付ける

初心者の社外カーナビ自力取り付け方法【わかりやすく紹介】
ナビ本体をダッシュボードに固定するためには、ブラケットという金具を本体の両側面に取り付ける必要があります。
以前使っていたナビに付いていたブラケットを使用してもいいし、ナビゲーション取付キットに付属のブラケットを使っても構いません。
ネジ穴は取付位置によって変わるのでナビを実際にはめ込んでみて調整してください。

※ナビや取付キットにたくさんネジ類が付属されていますが、ブラケットの取り付けに使っていいネジは先が尖っていない短い方を使用してください。

このネジを留める際に先ほど加工したパーキングコードが繋がっているアース線と、ナビゲーション取付キット付属のオーディオハーネス(10P)から伸びているアース線、この2本のアース線の先の金具をネジの間に挟み込んでしっかり留めておきましょう(同じネジに2本繋げても、別々に繋げても大丈夫です)。

 

初心者の社外カーナビ自力取り付け方法【わかりやすく紹介】
ダッシュボードから外したカバーにナビを合わせてみて、側面に隙間ができる場合はナビゲーション取付キットに付属のワイドパネルという隙間を埋めるためのパーツをナビの両側面にネジで取り付けましょう。

この場合も先が尖っていない短めのネジで、ワイドパネルが歪まないようにあまり強く締めすぎないように止めましょう。

 

初心者の社外カーナビ自力取り付け方法【わかりやすく紹介】
前段階で準備してあった全てのケーブル【GPSアンテナ、Bluetoothハンズフリー通話用マイク、地デジ用アンテナケーブル×4、電源ハーネス】をナビ背面の接続部へと接続しましょう。

 

初心者の社外カーナビ自力取り付け方法【わかりやすく紹介】
電源ハーネスに接続してあるオーディオハーネス(10P)と(6P)、車速配線カプラーを車両側純正コネクターへと接続、全てを繋ぎ終えたらダッシュボード内に配線とナビ本体を納めましょう。

ナビがきちんと起動するか、この時点で確認しておくといいですね。

無事にナビが起動できたらネジでナビ本体をしっかり固定して、カバーをはめて作業は完了です!

ナビを取り付けてみたまとめ

今回はじめてナビ取り付けに挑戦してみて、最初は名称も何を揃えるべきなのかも分からずどうなる事かと…、とてつもなく心配しましたが、色々ミスしながらも結果的にはきちんとナビは起動して走行中もナビ操作ができました(もちろん運転者は操作してはいけません!)。

取り付けたKENWOODの彩速MDV-S706を少し使用してみた感想は、名前の通りとても検索が速くてハイレゾ音源で音も良く、とても気に入っています。

ドライブレコーダーやETC車載器を、ナビと連動する事もできるんですが今回は見送りました。
もし連携したくなったらその時はまた記事にしたいと思います。

カーナビの取り付けは素人には確かに難しいです。
それでも決して不可能というわけではないので、やってみようと思っている方にこの記事が手助けになれば幸いでございます。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事