みとろ観光果樹園

こんにちは、ゆきみちです。

ぶどう好き夫婦(特に妻)としては見逃せないぶどう狩りシーズン、もちろんぶどう食べ放題に行って参りました!

今回は様々な狩り!ができる「みとろ観光果樹園」でぶどう狩りをした模様をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

「みとろ観光果樹園」アクセスと情報

住所 兵庫県加古川市上荘町835-4
TEL(果樹園) 079-428-2133(個人予約不要)
営業時間 シーズン中無休 9:00~16:30(食べ放題時間無制限)ぶどう狩りは7月下旬~9月中旬
料金 大人1100円 小学生以下9 00円 団体割:30名以上で1割引
駐車場 無料 250台
マップコード 31 783 879*63

みとろ果樹園駐車場を利用しよう

みとろ観光果樹園 駐車場

無料で利用できるみとろ果樹園駐車場(第2駐車場と看板に書かれています)は、ぶどう狩りの受付をしてくれる直売所のすぐ側にあるので基本はこちらを利用しましょう。

みとろ果樹園駐車場がもし満車の場合は少し離れてしまいますが、こちらも無料で利用可能なフルーツパーク駐車場もあります。

チケットを購入しましょう

みとろ観光果樹園

駐車場を出たらすぐ左手にみとろ観光果樹園の直売所が見えるはずです。

ぶどう狩りをするにはまず直売所でチケットを購入する必要があります。

みとろ観光果樹園

直売所ではぶどうをはじめ、ソフトクリームなども販売されています。

ぶどう畑に入ってしまうと自動販売機は見当たらなかったので、必要な方はこちらで購入しておいた方がいいでしょう。

みとろ観光果樹園

ぶどう狩りをしたいと伝えて、チケットの購入と同時に200円でハサミをレンタルしましょう(帰りに直売所にハサミを返しに行くと200円は返金されるのでご安心を)。

チケットを購入すると目的のぶどう畑を案内してもらえるので、いざ食べ放題へ向かいましょう!

美味しいぶどうを楽しもう

みとろ観光果樹園

ぶどう畑の横に続くのどかな道を歩くと気持ちの良い風が吹き抜けていき、ほんの少し心が癒されました。

みとろ観光果樹園

先ほどの道を進むと程なくしてぶどう狩りの入り口小屋が見えてきますので、ここで係りの方にチケットを渡しましょう。

ぶどう狩りの説明を最初にしてもらえますが、もし困った事があったら都度係りの方に聞けば親切に教えてもらえますよ。

みとろ観光果樹園

小屋の側にバケツと水道があります。

ここでバケツを二つ渡されます。ぶどうの汚れを落とすための水の入ったバケツと、食べたぶどうの皮を入れるためのバケツです。

みとろ観光果樹園

ぶどうの無断持ち出しを防ぐためか、出る際に手荷物を確認するという看板が出ていたので透明のバッグを持参しました。

実際は確認されませんでしたが、念のため見られても大丈夫なカバンを持って行った方がよさそうです。

 

ぶどう園の中にはほとんど椅子が無いので地べたに座るためのござを借ります。

準備が整ったらいよいよぶどう狩りの開始です!

みとろ観光果樹園

ぶどうに被された紙袋を破かないように丁寧に開け、中のぶどうの状態を確認しましょう。

美味しそうなぶどうを見つけたらレンタルしたハサミで収穫しよう!

みとろ観光果樹園

私たちが訪れたのは9月上旬でこの時期は「マスカット・ベリーA」という品種のぶどうが楽しめました。

マスカット・ベリーAは新潟県が原産の日本固有種のぶどうだそうで、日本の赤ワイン醸造に多く使用されているんですね。

みとろ観光果樹園

収穫したぶどうを水で洗っていただきます(水道水の水なのでそんなに冷たくはなかったです)。

とても甘みがあるのに後味がさっぱりしていて飽きのこない美味しさでした。

時間制限も無いので思う存分ぶどうを堪能できますね。

お土産にぶどうを買って帰りたい場合、直売所でも購入する事ができますし、自分で収穫したぶどうをお土産にする事も可能なので、是非自分でとったぶどうをお土産にしてみましょう。

果樹園のトイレ事情

みとろ観光果樹園 トイレ

園内のトイレは受付小屋のすぐ前に簡易トイレがあるのでこちらを利用しましょう(簡易式なので最初うわぁ…と思いましたが意外にキレイでしたよ)。

入り口近くのトイレは女性専用なので、男性は少し離れた場所のトイレを使用してください。

みとろ観光果樹園 トイレ

チケットを購入した直売所の建物の隣にもトイレがあります。

みとろ観光果樹園 トイレ

ここのトイレは本当にキレイなので安心して使用する事ができます。

まとめ

みとろ観光果樹園

今回訪れたみとろ観光果樹園は、9月中旬までぶどうを楽しめます。

そしてぶどうだけではなく、すももや柿なども楽しむ事ができるので時期をずらして何度も訪れる事ができますね。

基本的に車でないと訪れるのは難しい場所です。

公共機関を利用する場合は、加古川線厄神駅下車でタクシーをご利用ください。

自分で採ったぶどうをその場で食べる、ちょっぴり贅沢な気分を味わってみてはいかがでしょうか。

全国のおでかけスポットMAP

マップのアイコンからも記事ページを閲覧できます。
人マークは、おでかけスポット。 道の駅マークは道の駅レビュー。 温泉マークは温泉施設。

兵庫県の他のおでかけスポット一覧

兵庫県の道の駅一覧

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事