【淡路島】淡路サービスエリア(下り)

神戸淡路鳴門自動車道を利用して、本州から淡路島へと明石海峡大橋を渡ってすぐの所にある、淡路サービスエリア(下り)を利用した際のレビューをご紹介します。

スポンサーリンク

アクセス

明石海峡大橋はETC利用で大幅値下げ可能

明石海峡大橋
待望の淡路島へ渡るために、垂水ICから神戸淡路鳴門自動車道を走り、明石海峡大橋を横断して淡路ICまで。
とても大きな橋にテンションが上がりますね!

ここでものをいうのがETCです。
ETC非搭載の場合、普通車で2.410円かかってしまうのに対し、ETC利用で910円と半額以下で済みます。
軽自動車の場合はETC非搭載で1.940円、ETC利用で760円です。

このように、淡路島へ渡るならETCを利用した方が断然お得!
まだETCカードを持っていない人は、是非ETCカードを作成してから淡路島へ訪れる事をオススメします。

淡路サービスエリアで最初の休憩

【淡路島】淡路サービスエリア
明石海峡大橋を渡り、淡路島に上陸すると観覧車が見えてきました。
この観覧車があるのが、淡路サービスエリア(下り)です。

最初はここ、本州側の玄関口である淡路サービスエリアで休憩しました。

【淡路島】淡路サービスエリア(下り)
淡路サービスエリアは「上り、下り、ハイウェイオアシス」の三つから成り、それぞれのエリアは車で自由に行き来できるようになっています。
私たちが今回利用したのは(下り)だけです。

大観覧車(淡路SA下り)

【淡路島】淡路サービスエリア(下り) 大観覧車
広い駐車場の側には、来るときに見えた大観覧車がそびえ立っています。
生憎の曇り空ですが、快晴の日に観覧車に乗るとさぞや壮大な景色が見えるんでしょうね。

因みにペットや車椅子でも楽しめるゴンドラもあるようです。

一般 1名 600円
一般団体(20名以上) 1名 480円
学生団体(20名以上) 1名 360円
障がい者(付添1名まで) 1名 300円
5名セット券 5名 2.500円
6名セット券 6名 3.000円
営業時間 9:00~最終乗車20:45(チケット販売は20:30まで)

施設情報紹介

【淡路島】淡路サービスエリア(下り)

24時間利用可能 売店、フードコート、セルフガソリンスタンド、ドッグラン、ベビールーム、インフォメーション(携帯充電器、ETCプリンター)、ATM、車椅子貸出(無料)
営業時間 「ROYALレストラン 7:00~21:00」「THE・丼 7:00~21:00」「ミスタードーナツ 7:00~21:00(土日祝 6:00~)」「KobeBelle 7:30~18:00」「スターバックスコーヒー 7:00~22:00」
休日 年中無休
マップコード 946 872 462

24時間使える施設やサービスが色々あるので、時間を気にせず利用できるのはありがたいですね。

【淡路島】淡路サービスエリア(下り) 神戸ベル
少し小腹が空いたのでKobeBelleというお店で、パンを購入する事にしました。
たくさんの美味しそうなパンがズラリと並んでいるので目移りしてしまいますが、悩んでいたら10分でも20分でもかかってしまうので気合を入れてセレクトします!

【淡路島】淡路サービスエリア(下り) 半熟卵入り黒カレーパン
みち(夫)が選んだのは半熟卵入り黒カレーパン、300円
揚げたパンと溢れんばかりの黒カレーがとてもマッチしていて美味、半熟卵がアクセントになってぺろりと食べてしまいました。
また食べたくなる一品です。

【淡路島】淡路サービスエリア(下り) フルーツメロンパン
ゆき(妻)が選んだのはフルーツメロンパン250円
ドライフルーツがふんだんに散りばめられたメロンパンです。
外はカリッと中はふわっふわの生地が美味しい一品です、ご賞味あれ。

KobeBelleは7:30開店なので朝ご飯にもいいですね。
淡路サービスエリア限定商品もあるので、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

展望台(下り)から明石海峡大橋を一望

【淡路島】淡路サービスエリア(下り)
施設(下り)の裏手に出ると明石海峡大橋が眼前に広がっていて、写真を撮っている人がたくさんいました。

【淡路島】淡路サービスエリア(下り)
観覧車側へ行くと更に絶好の撮影ポイントとなっています。
この橋を渡って淡路島に来たんだと思うと感慨深いですね。

【淡路島】淡路サービスエリア(下り) わたる
この展望台には自撮りを助けてくれるわたる君がいます。
面白い風体のわたる君の右手にはスマートフォンで自撮りをするための台が、わたる君の頭の上には謎の赤い御方がいて、その上にカメラを置いて自撮りができるようになっています。

わたる君の力を借りて、素敵な自撮りを撮ってみましょう。

世界一長いつり橋、明石海峡大橋を支えるケーブル

【淡路島】淡路サービスエリア(下り) ケーブル
展望台の手前に設置されている物は、明石海峡大橋に実際に使用されているケーブルを輪切りにしたものです。
あれだけ大きな橋を支えているケーブルですから、その大きさは相当なものですね。

【淡路島】淡路サービスエリア(下り) ケーブル
近くで見ると、大きなケーブルは小さなケーブルを束ねて作られているのがわかります。
このケーブルであの大きな大きな橋は維持されているんですね、凄い!

【淡路島】淡路サービスエリア(下り) ケーブル
ケーブルの詳しい情報も書かれていて、スケールの大きさが数字からも読み取れます。
人類の英知は偉大ですね。

まとめ

淡路島北側の玄関口である明石海峡大橋のすぐ側にある淡路サービスエリアは、キレイ且つとても利便性が高いので人気があるのも頷けます。
大観覧車や美味しいグルメもあり、サービスエリアだけでも結構楽しめますね。
ETCカードを利用して淡路島を訪れる際は淡路サービスエリアを是非利用してみてください。
トイレもキレイですよ!

全国のおでかけスポットMAP

マップのアイコンからも記事ページを閲覧できます。
人マークは、おでかけスポット。 道の駅マークは道の駅レビュー。 温泉マークは温泉施設。

兵庫県のおでかけスポット一覧

兵庫県の道の駅一覧

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事