【無料車中泊スポットレビュー】北海道北斗市|湯ノ沢水辺公園キャンプ場

函館市のすぐ隣の北斗市にある湯ノ沢水辺公園には、無料で利用できるオートキャンプ場があります。

予約不要のキャンプ場なので、混んでいるかは行ってみないと判断できません。

この記事は、日本全国を車中泊で旅する”ゆきみち夫婦”が、湯ノ沢水辺公園キャンプ場で実際に車中泊してみて気になった点を詳細にまとめました。

当記事の評価はあくまで主観によるものなので、それを踏まえた上でご参考ください。

※ルールを守って誰もが気持ちよく利用できるように心がけましょう。

スポンサーリンク

【湯ノ沢水辺公園キャンプ場】車中泊スポット詳細MAP

【湯ノ沢水辺公園キャンプ場】アクセス情報

所在地〒049-0285 北海道北斗市茂辺地市ノ渡
TEL0138-73-3111(北斗市役所)
駐車場24台(オートキャンプ)
24時間利用可能駐車場 炊事場 トイレ 自動販売機
マップコード774 171 192

【湯ノ沢水辺公園キャンプ場】車中泊レビュー

【無料車中泊スポットレビュー】北海道北斗市|湯ノ沢水辺公園キャンプ場

湯ノ沢水辺公園キャンプ場は、無料とは思えないほどクオリティーが高く、芝生もキレイに手入れされていました。

駐車スペースは区画割りされているので、車の側にイスやテーブルを出すことができ、隣との距離を気にする必要もありません。

この記事は、湯ノ沢水辺公園キャンプ場を2022年8月下旬に利用した際のレビューです。

【湯ノ沢水辺公園キャンプ場】快適度

【無料車中泊スポットレビュー】北海道北斗市|湯ノ沢水辺公園キャンプ場

キャンプ場一帯はとても静かで、場内には程よく街灯が設置されているので、夜間でも安心してトイレに行けます。

場内の多くは芝生で、近くを川が流れていることもあり、虫はとても多いです。虫対策はきちんと準備しておきましょう。

【湯ノ沢水辺公園キャンプ場】施設情報

洗い場と自動販売機、炭捨て場があります(ゴミ捨て場はありません)。

洗い場は、夜間でも照明がともっているのですぐにわかると思います。

よく清掃されていて、生ゴミが詰まったりすることもなく快適に利用できました。これが無料なのですから、本当にありがたい限りです…。

バーベキューなどは可能ですが、直火は禁止されています。炭や薪などを使用する際は、焚き火台をお忘れなく。

【湯ノ沢水辺公園キャンプ場】周辺施設

【無料車中泊スポットレビュー】北海道北斗市|湯ノ沢水辺公園キャンプ場|谷地頭温泉

トイレのところに「茂辺地の湯」の案内が貼ってありますが、現在は営業していません。

入浴施設は、函館市の方まで足を延ばした方が良さそうです。

函館市の温泉やスーパー銭湯は、シャンプーなどがないところが多いのでお気を付けください。

私たちが訪れたところでは谷地頭やちがしら温泉がおすすめですが、ここもシャンプーやボディーソープの設置はなく、ドライヤーも有料(3分20円)です。

谷地頭温泉 詳細
大人430円
小人(7~12歳)140円
幼児(3~6歳)70円
乳幼児無料
所在地〒040-0046 北海道函館市谷地頭町20-7
営業時間6:00~22:00(受付終了21:00)
食堂は11:00~14:30/17:00~LO 19:00(土日祝は11:00~LO 19:00
休日第2火曜日(食堂は毎週火曜日)
マップコード951 296 843

キャンプ場周辺は山間部なので、スーパーやコンビニはありません。

函館市の方へ出れば、買い出しのできる店がたくさんあるので、入浴ついでに済ませておくといいですね。

【湯ノ沢水辺公園キャンプ場】トイレビュー

トイレは和式のみ、簡易水洗になっています(いわゆるボットンではない)。

良くない口コミも散見されましたが、人里離れたキャンプ場のトイレとしてはとてもキレイで、使うことに抵抗がある印象ではありませんでした。

【湯ノ沢水辺公園キャンプ場】おすすめ度

【無料車中泊スポットレビュー】北海道北斗市|湯ノ沢水辺公園キャンプ場

湯ノ沢水辺公園キャンプ場は、とてもおすすめ!と言いたいところですが、正直あまり広まってほしくないという葛藤があります。

無料のキャンプ場にマナーを守れない人が大挙して訪れ、有料になったり閉鎖される例をいくつも見てきたからです。

丁寧に管理されている綺麗なキャンプ場なので、もしこの記事から興味を持ってくださった方は、ゴミの持ち帰りや騒音などに気をつけて、大切に使っていただきたいと思います。

北海道(道南)の車中泊スポット詳細MAP

スポンサーリンク
ゆきみち夫婦のYouTube動画を配信しています

YouTubeチャンネル ゆきみち夫婦

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事