【無料車中泊スポットレビュー】北海道札幌市|定山渓パーキングエリア

定山渓PAは、道の駅のない札幌市内にある貴重な無料車中泊スポットです。

この記事は、日本全国を車中泊で旅する”ゆきみち夫婦”が、定山渓PAで実際に車中泊してみて気になった点を詳細にまとめました。

当記事の評価はあくまで主観によるものなので、それを踏まえた上でご参考ください。

※ルールを守って誰もが気持ちよく利用できるように心がけましょう。

スポンサーリンク

【定山渓PA】車中泊スポット詳細MAP

【定山渓PA】アクセス情報

所在地〒061-2301北海道札幌市南区定山渓849
駐車場大型:4台 普通車:15台 身障者用:2台
24時間利用可能駐車場 トイレ 公衆電話
マップコード708 723 414

Googleマップには、この記事を執筆している時点で「定山渓パーキングエリア」という名称の場所がふたつ出てきます。

正式な名称はないようですので、便宜上、国道230号沿いでトイレのあるパーキングエリアのことを定山渓PAと記載させていただきます。

【定山渓PA】車中泊レビュー

【無料車中泊スポットレビュー】北海道札幌市|定山渓パーキングエリア

定山渓PAは、札幌市内から中山峠へ向かい、ニセコや洞爺湖方面へ抜ける国道の峠道にあるパーキングエリアです。

北海道は広いので、パーキングエリアそのものは他府県に比べ頻繁に見かけますが、札幌市内という立地で、24時間トイレが使える・無料で利用できる場所は、それほど多くありません。

【定山渓PA】快適度

【無料車中泊スポットレビュー】北海道札幌市|定山渓パーキングエリア

駐車場には傾斜がありましたので、水平でないと嫌な方は気になると思います。

国道は交通量が多く、21時くらいまでは車の走行音が気になりましたが、それ以降はかなり静かです。

場内には街灯があり、トイレに行くのにライトは不要でしょう。

私たちが訪問した時には、アイドリングしっぱなし・大音量の音楽を流すような車はいませんでした。ただ、駐車場にゴミの入ったレジ袋が放置されていたのが残念でした。

【定山渓PA】施設情報

【無料車中泊スポットレビュー】北海道札幌市|定山渓パーキングエリア

駐車スペースの白線が消えかけていて見づらいため、区間を無視して自由に停めてしまっている車が多かったです。

道の駅ではないのでフリーWi-Fi等はありませんが、ポケットWi-Fi(マルチ回線)は問題なく使用できました。

山間部ではあるものの、ドコモ・auのスマホの電波は入りました(auは若干弱め)。また、やたらと綺麗な公衆電話ボックスも設置されているので、緊急時に困ることはないはずです。

【定山渓PA】周辺施設

【無料車中泊スポットレビュー】北海道虻田郡|道の駅望羊中山|定山渓パーキングエリア|小金湯温泉 湯元 旬の御宿まつの湯

周辺は豊平峡温泉、定山渓温泉など、温泉施設がたくさんあります。

中でも小金湯温泉まつの湯は、単純硫黄泉の源泉100%(加温あり)でアメニティの用意もあり、ほかの施設に比べてリーズナブルでした。

小金湯温泉 湯元 まつの湯 詳細
大人700円
小人300円
所在地〒060-2274 北海道札幌市南区小金湯24
営業時間9:00~23:00(受付終了22:00)
休日年中無休
マップコード708 761 866

札幌方面に15km行ったところに、大型スーパーザ・ビッグ石山店があります。

周辺にはいくつかスーパーマーケットがありますので、買い出しは石山近郊でされると良いと思います。

定山渓PAから定山渓温泉の方へ1.5kmほど進んだところにセイコーマートなどのコンビニはいくつかありますが、夜になると暗い上、昼夜問わず通行量が多く、歩いて行くのは危険かもしれません。

【定山渓PA】トイレビュー

和式・洋式の両方が設置されています。

ウォシュレットや暖房便座はありませんが、絵や花が飾ってあったり、ゴミが落ちていたりもなく、丁寧に維持管理されているのが伝わってきました。

こうして記事でご紹介しましたが、訪問者が増えて汚くなったら嫌なので、特にマナーの悪い方には来ないでほしいと思っています…。

【定山渓PA】おすすめ度

【無料車中泊スポットレビュー】北海道札幌市|定山渓パーキングエリア

停めやすさ・駐車可能台数・傾斜に多少の難があるものの、札幌近郊でトイレの綺麗な車中泊スポットをお探しの方にはとてもおすすめの場所です。

どこを利用しても同じではありますが、今後も引き続き快適に使用するために、マナーを守って利用したいと思いました。

北海道(道央)の車中泊スポット詳細MAP

スポンサーリンク
ゆきみち夫婦のYouTube動画を配信しています

YouTubeチャンネル ゆきみち夫婦

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事