【無料車中泊スポットレビュー】兵庫県南あわじ市|道の駅福良

兵庫県南あわじ市にある道の駅福良は、福良港に面した海の風薫る車中泊スポットです。

この記事は、全国各地を車中泊で旅する”ゆきみち夫婦”が、道の駅福良で実際に車中泊してみて気になった点を詳細にまとめました。

当記事の評価はあくまで主観によるものなので、それを踏まえた上でご参考ください。

※ルールを守って誰もが気持ちよく利用できるように心がけましょう。

【道の駅福良】車中泊スポット詳細MAP

【道の駅福良】アクセス情報

所在地〒656-0501 兵庫県南あわじ市福良1528-4
TEL代表総務課 0799-43-5001(8:30~17:15)
南あわじ観光案内所 0799-52-2336(カーナビ検索はこちらを入力)
駐車場大型:6台 普通車:40台 身障者用:6台
営業時間うずしおドームなないろ館 9:00~17:00
ジョイポートレストランなないろ 10:00~16:00(LO 15:30) 17:30~20:00
足湯・うず湯 10:00~17:00
観光案内所(レンタサイクル) 9:00~16:30
うずしおクルーズ(公式HPをご参照)
休日年中無休
24時間利用可能駐車場 トイレ 自動販売機 公衆電話
マップコード406 311 289

【道の駅福良】車中泊レビュー

道の駅福良 無料&格安車中泊スポット紹介

道の駅福良は、南あわじ市の福良の海に面しており道の駅からも海が一望できます。

2019年10月の淡路島南部の観光拠点として、私たちは道の駅福良を選びました。

【道の駅福良】快適度

道の駅福良 無料&格安車中泊スポット紹介

駐車場近辺は夜間の交通量が少なくてとても静かなので、窓を開けていても快適に利用できました。

それにプラスして、適度な街灯の灯りと傾斜の無いフラットな駐車場だったので、車中泊スポットとしてポイントが高いなと感じました。

【道の駅福良】施設情報

道の駅福良 無料&格安車中泊スポット紹介

夜間の使用はできませんが、道の駅福良には無料の足湯が設置されています。

使用できる時間は10:00~17:00なので、時間が合う方は足湯で旅の疲れを癒してみてください。

道の駅福良 無料&格安車中泊スポット紹介

道の駅福良は観潮船のりばにもなっており、世界最大のうずしおが楽しめる”うずしおクルーズ”に参加できます。

公式HPからネット予約も可能できるので、参加したい方は事前に予約しておくのが良いですね。

【道の駅福良】周辺施設

道の駅福良 無料&格安車中泊スポット紹介

道の駅福良から車で約5分ほどの場所に、全日食チェーン福良店という小さなスーパーがあります。

私たちが訪れたのは19時頃だったのですが、割引シールの貼られた惣菜などもあったので、節約したい方にはおすすめですよ。

道の駅福良の目の前に、淡路人形浄瑠璃館という建物があり、その裏側にコンビニ(ローソン)もありますので、夜遅い時間でも買い出しは可能です。

無料&格安車中泊スポット紹介 南あわじリフレッシュ交流ハウスゆーぷる

入浴施設を利用したい方におすすめするのは、車で約6分の位置にある”南あわじリフレッシュ交流ハウスゆーぷる”です。

キレイな施設なので、気持ちよく利用することができました。

別サイトの”ゆきみちがゆく。”にて、ゆーぷるの詳細レビュー記事を書いているので、興味のある方はそちらをどうぞ。

≫南あわじリフレッシュ交流ハウスゆーぷるのレビュー記事はこちら

南あわじリフレッシュ交流ハウスゆーぷる 詳細
大人(中学生以上)630円
小人(3歳~小学生)310円
所在地〒656-0534 兵庫県南あわじ市北阿万筒井1509-1
営業時間10:00~22:30(受付終了 20:00)
休日第3木曜日(8月は無休)
マップコード406 282 141
公式サイトhttp://awaji-island.com/yupuru/

【道の駅福良】トイレビュー

道の駅福良 無料&格安車中泊スポット紹介

トイレの清掃はきちんとされていますが設備は古く、ウォシュレットは付いていませんでした。

和式・洋式便座どちらも利用できます。

夜間の道の駅利用者はほとんどいませんでしたが、朝6時頃になるとトイレを利用する車が頻繁に訪れていました。

朝ゆったりとしたい方は、トイレから離れた駐車スペースを利用した方が良いですよ。

【道の駅福良】おすすめ度

道の駅福良 無料&格安車中泊スポット紹介

今回”道の駅福良”で車中泊をしてみて、夜間の静かさがとてもポイント高いなと感じました。

鳴門のうずしお見学やイングランドの丘など、様々な観光の拠点として利用しやすい車中泊スポットなので、ぜひ利用してみてください。

淡路島の車中泊スポット詳細MAP

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事